CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Interior

日々の内側
copyright sumigon all rights reserved
<< JAPAN BLUE | main | 薔薇の季節に・・・ >>
最も恐ろしい動物

17-0513.jpg

あなたにとって最も恐ろしい動物は?と聞かれたら、何と答えるだろうか。人によってけっこう違うと思う。毒を持っている生物を思い浮かべる人は、蛇とか蜘蛛とかサソリなどを挙げるかもしれない。力があって獰猛な生物であれば、グリズリーとかワニ、サメなどになろうか。

今朝の毎日新聞ニュースサイトによると、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が自身のブログで最も恐ろしい動物のランキングを発表したようだ(4月25日)。「最も恐ろしい」の基準は年間に何人の人間を殺したか、らしい。死因別の統計など参考にしたものだろうか。

それはともかく、ゲイツ氏によるランキング第一位はなんと「蚊」であった。世界中で蚊に殺された人間は年間75万人だという。蚊が様々な病気を媒介することはよく知られているが、世界三大感染症のひとつであるマラリアで年間に死亡した人は60万人以上だという。ゲイツ氏はマラリア対策の重要性をアピールしたかったようだが、私たちも「蚊」についてもう少し勉強しないといけないかもしれない。そろそろシーズンだし。

さて、第二位以下は、「人間」、「蛇」、「犬」である。犬は以外かもしれないが、かみ殺された人が多いというのではなく、噛まれたことにより狂犬病ウイルスに感染し死亡するケースが多いということ。日本ではあまり聞かないが狂犬病に罹患する人がいない国は世界でもかなり少ないらしい。小さな島国ののぞけば、日本とイギリスくらいということだ。

私はというと、最も恐ろしい動物はやはり「人間」だろうか。「蚊」には注意を払わねばならないが、あまり罪悪感を感じることなく駆除したり除けたりすることは可能だ。日本の「犬」はほとんど狂犬病の予防接種をしていると思うし噛まれるような状況はごく稀だと思う。「蛇」にしたって滅多に身近では見かけないし、たとえ遭遇したとしてもこちらが攻撃しなければ無闇に噛んだりしないような気がする。

とすると、駆除もできずいたるところにいる「人間」が怖い。最近は何を考えているのかわからない、とりたてて理由もなく人を殺したり傷つけたりする「人間」が珍しくなくなっている。動物たちの居場所を奪っているのも「人間」、戦争をして同類のみならず多くの種を殺しているのも「人間」。やはり「人間」が怖い。

*別のニュースで、「へびサミット」というイベントを知った。

*今年が第一回目らしいが、「大蛇みこし」は一度見てみたいものだ。

*ええー!6月からハガキの料金が上がるのねー!ひぃ〜

| - | 07:15 | comments(12) | - |
すみごんさん、おはようございます。
ビル...のような人が無目的に何かデータをプレゼンするわけはないので、わたしはおもわず「だから予防接種が必要です」というところに持っていきたいのだなとくすっと笑ってしまいました。陰謀論というなかれです。
彼は「世界の人口は5億人ぐらいが適当」と言ってはばからない人なので、予防接種で人間を殺したり障害を持たせることに罪の意識はないのでしょう。

遺伝子組み換えが含まれている子宮頸癌ワクチンはもとよりインフルエンザでさえ水銀が含まれているといいます。
ビル...は妻のメリンダとともに財団をつくり、慈善事業よろしく途上国にワクチンを摂取させ副作用をまきちらしているといいますし、今やワクチンの中にマイクロチップを含め込むことも不可能ではないでしょう。
本当に恐ろしいです。

彼の望むような世界が簡単に叶うとも思えませんが、こっちも覚悟して疑ってかからないと人間はどんな機能を破壊されるかもしれないと思っているのです.一番恐いのはなんだろ、思考を奪われることですかね。

もっとも恐ろしい動物は、彼のような人間です。いやぁ、まちがいなく。
| saki | 2017/05/13 8:37 AM |
*Godspeedさん

ビル・・・については、まあ、いろいろ言われていますし
予防接種云々やワクチンの話は詳しく知りませんでしたが
さもありなん、というところでしょうか。
こういった話は本当に嫌ですねー
テレビでモンサントの除草剤のCMなんぞをやっていますが
あれを見るとぞっとします。

彼のような人間はもちろんですが、善人のように見えていた人も
なにかのきっかけでおかしくなることもありますね。
そういう意味でも人間は怖いです。

私はむしろ、「へびサミット」に反応されると思っていました(^^;)
| すみごん | 2017/05/13 2:41 PM |

たまたまこの前、サイエンス系の記事を読んでおりましたところ、人類は21世紀に絶滅するパーセンテージがかなり高い、世界的な科学者たとえばS.ホーキング氏などもそんなことを唱えているようで、原因は人口爆発による食糧難や環境破壊による地球の衰退ですね。
我が国は向こう数十年先には人口が半減するものの、乏しい国内生産に作り手も今後減少すること必至でしょうから、世界的な食料の奪い合いは確実に起こることでしょうね。
絶滅する動物の速度が現代は何万倍に加速度を増してきている中、我々が見えてないところでこの星の生物種の数は毎分ごとにこの世から消えていっている事実は動植物を愛する者にとって受け入れがたいことです。

さて、誰が見ても「この世で一番恐ろしい動物は人類である」ということには異論はないでしょうが、たとえばキム・ジョンウンやボコハラムやイスラム国、そして死の商人(過激派たちに武器を売る人々)という地球のガンといわれる人間たち、またはその危険な思想ももちろんこの星を蝕む恐ろしい存在なのですが、わたくしがいつも思うのはもっと漠然としていて、それは「人間の飽くなき好奇心」というべきものです。
特に科学者の好奇心でしょうね。
表向きは難病を治すキッカケとなるもの、人類の食糧難を救う新しいバイオテクノロジー、人類の健康や延命、環境改善などを目的とした発明、小型化や利便性だけを追求した科学テクノロジー…そのキッカケや発案は素晴らしくとも、どこか神の領域を超えた仕業に手を出している…。そういった事業を、その時はものすごくまともに、ものすごく正論的に行ない、実現化してゆく、あのパワー。
そして「好奇心」や「探究心」により生まれたものが結局は誰かの手により悪用されてゆく現実。
今や数センチほどのドローンが2gほどの爆弾を積んで人を殺すことも出来れば(中国で普通に売られている)、遺伝子操作により筋量を数倍にした牛や魚が食卓に並ぶ日も近い(欧米では実用化)し、「できる」という確信が人類を破滅に追い込むキッカケを担うことを、人類は知らない。知らなすぎるのです。
…停滞。
発明の停滞。好奇心の停滞。探究心の停滞。
こんなことを望むわたくしは人類の進歩を夢見もしないで、ただ現状維持だけを願う馬鹿な人間の一人かもしれませんが、モラルなき現代社会の次から次へと出てくる産物に対し、ただ「面白いから」ただ「新しいから」ただ「便利だから」ただ「世の中のためになるから」という流れで生産してゆく人間の愚をわたしは心底憎みたくなることがあります。
人間以外で恐ろしい生物をひとつ挙げろと言われれば、間違いなく殺人ウィルス系でしょうか。
これも結局は人類が足を踏み入れるべきでないところから連れてきたものが実に多い。
見えないだけに怖いオバケみたいなものです。
宇宙開発が進んだ暁には宇宙からの「お土産」により、また新たなダメージを人類にもたらすかもしれません。
地球外ウィルスなんて出てくるなら、宇宙なんか行くなと思いますが、ホーキング氏は今世紀中の宇宙移住を強く提唱しているようです。
| Godspeed | 2017/05/13 4:03 PM |
最初のコメントはわたくしではなく、sakiさまです。
わたくしは3番目のコメントです。
いずれにせよ、sakiさまがおっしゃってる事実を知るにつけ、世界の博識者や経営者、ビリオネアの方々の極論にはある意味、真をついていそうで、空想的で理想的な空論が多いですね。確かに地球全人口が5億人ぐらいならば、かなりの多くの現状問題がクリア出来そうです。
| Godspeed | 2017/05/13 4:10 PM |
*sakiさん

大変失礼いたしました。
Godspeedさんが以前くださったコメントを読んだ直後にレスしたので
なにやら勘違いしてしまったようです。あるまじきこと!!
おわびいたします。

ビル・ゲイツ嫌いはかなり前からで、窓OSを使っていた時から早くMACに変えたいなぁと思っていました。仕事上変えられなかったけれど。
それは開発にまつわる行動に関してでしたが、その他にもいろいろやっているようですね・・・
世の中、恐ろしい人がたくさんいそうで困ったものです。
少し他人事みたいに受け取られるかもしれませんが、なんだか半分あきらめちゃっているのかもしれません。あきらめきってはいないけれど。

取り急ぎ御詫びまで。
| すみごん | 2017/05/13 5:53 PM |
*Godspeedさん

大変失礼をばいたしました。やっちゃいましたね。
頭のどこかで別のことを考えていると、こういうバカをやってしまいがちでお恥ずかしい次第です。御詫びいたします。

確かに、飽くなき好奇心は曲者だと思います。
科学の発展を追求するのはいいけれど、やはりここまで、という限度というか節度は必要だと考えます。
発展のためなら何をしてもいいわけはないし、発展すればするで妙な利用の仕方を考えたり、利益ばかり追求したりしようとする輩が出てきますし。
わたしを含めて知らなすぎる、知ろうとしなすぎる、という態度がそういった人々をのさばらせているのでしょう。
停滞・・・
もし、節度を持つのが無理なら停滞するしかないかもしれませんね。
私は半分本気で人類は滅亡した方がいいかもしれないと思っています。
今すぐ滅亡しない、という甘い考えがなきにしもあらずですが。
が、どうしようもない大災害が突然襲ってきたら、腹をくくらなければとも考えています。
| すみごん | 2017/05/13 6:00 PM |
最も恐ろしい動物?、それは人間でしょう。
それも深く考えない人間が権力を持った時の危険さ。


権力を持つがゆえに、深く内省・自制心が大事だと思うけど、
自分で「私が最高責任者」といってはばからないし、多くの
人がもっている「私人・公人」の概念も揺さぶるし。

さらに、「そもそも」=「基本的に」閣議決定(毎日新聞5月
13日朝刊)したそう。
「そもそも」に「基本的に」という意味があったことなんて、いままで知らなかったわ。

ついに、国語分野にも首相の珍解釈が閣議決定され、「強引に
取り繕う」ようになるとは.....。これからも、起こりそう。

これって、長年、国民がはぐくんできた言葉の解釈が、一人の権力を持つ人間の誤用が閣議決定され、ゆがめられるということ。

看過できないことだと思う。
| ロコ | 2017/05/14 3:35 AM |
あ、すみごんさん、ノープロブレムです!
それから、Godspeedさま、恐縮です。ついでにこの場を借りましてGodspeedさまに。わたしもわりとサイエンスには若い頃から興味がありました。元々、宇宙に均衡や理があることがわたしの救いのひとつになっております。ものの生まれ方に興味があり、それを感じることが好きなんです。

 >人類は21世紀に絶滅するパーセンテージがかなり高い
これはわたしも聞いたことがありますし、また、地球46億年の中でどういうわけか2600万年ごとにあらゆる生物種の99%が絶滅していたという照査もあるようですね。

特に科学者の好奇心の好奇心が恐いというのはわかります。権力者が自分たちに都合の良い研究を彼らに後押ししてしまうことが恐いです。今日本でも軍事関係に貢献する大学への助成金は増すばかり、中小企業もそれに関連しやりたくもない軍事への参加となることが苦痛でしょう。

世界へ眼を向けても、もうじき閉鎖されるようですが、ヨーロッパ「CERN」の研究は単に素粒子を見つけることではないですね。
量子論をバックにビッグバンと同じ現象を引き起こそうと研究していました。
それは、人間としての分別をはるかに越えています。
ほとんどニュースになっていないことですが、その「CERN」の研究を日本へと、リニアコラーダーというものとなり、引き継がれようとしているようです。また、東北にです!地下に掘られるものなので、我々の眼に触れないところで何が起こるかわからにようなことが進められようとしています。自分の体をえぐられるような痛みを持ちます。

人間の人口が5億人であれば、かつての5億人であった頃ならいまよりはるかに地球の均衡は保たれていたかもしれませんが、今ビルたちの望む5億人には、彼らのような特殊な権力者とその他自分達の奴隷となってくれる多数なので、やはり歪んだものとなりよくないです。

そんなことにはならないよう、しかも.人間の種を絶やしたくないというわたしのDNAは日々小さな抵抗をささやき続けています。

すみごんさん、長々と失礼いたしました。^^;
| saki | 2017/05/14 7:23 AM |
*ロコさん

やっぱり人間ですよね・・・

そうそう。身近なところ、とはいっても自国のことにしてもそうですものね。何かここ数年(現政権になってから)、怖いことが次々と決められてきて、なしくずし的に悪い方へ悪い方へと向かっているような気がしてなりません。

わが家ではあの人が出てくるとチャンネルをすぐに変えてしまうのですが(^^;)、言っていること、やっていることはきちんと把握しなければなりませんね。
ゆゆしきことだらけなのに、なぜ支持率が高いのか。全くもって理解不能です。
| すみごん | 2017/05/14 7:39 AM |
*sakiさん

あらためて、ごめんなさい!
私よりずっと科学に詳しいsakiさんですから、Godspeedさんとは話が合うかもしれません。
この場でどんどん盛り上がってくださってけっこうですよ。

もともと私は、コメント欄はそのように発展していくといいなぁと思っているんです。
今後ともよろしく〜
| すみごん | 2017/05/14 7:41 AM |
「最も恐ろしい動物」は「人間」ということで皆さん間違いなさそうですね。笑
日々の新聞やニュースを観ていても、ペシミスティックにならざるを得ない、この我々を取り巻く環境と時代と世界はおそらく有史以来最悪かもしれません。そして、それは次第に加速度を増して悪くなる一方で、決して良くなることはない。
全ての元凶は我々人類の存在。
同じ「あがく」「ジタバタする」にも、人間以外の動物のジタバタとは違う。
人間はあれやこれやと新たな物を作って、「悪あがき」します。すでに様々な場面場所で人間の「悪あがき」が出てきてるのに気づいているのはわたくしだけではないでしょう。
戦争ひとつ取っても、鎧や兜つけて刀で面と向かってチャンバラしてた時代はまだいいのです。まだ等身大の人間だったから。
今や無人の空爆機で、ピンポイントでターゲットを撃つ。どこから?自分の国から。
つまり、敵に会わずして敵を攻撃する。「死の香り」さえ嗅がずに…。ここまでして「悪あがき」をする人間はもうこの星にとって癌としか言いようがありません。
しかし、すみごんさんがおっしゃるように
「私は半分本気で人類は滅亡した方がいいかもしれないと思っています」という言葉はあまりにも切ない。
いや、半分賛成ではあるのですが、わたくしの場合は希望的なもの、救い的なものがきっとあるのではないか…?と思っています。
有史以来、たとえば洞窟に住んでいた我々の先祖が火を発明し、壁面に描いた野牛や馬の絵、そしてダヴィンチやベートーベンに代表される人類の英知と芸術などが今後も受け継がれてゆく…。今後、未来永劫語り継がれてゆくものの大切さを思えば、未来の人類に託す希望や救いを捨てずに信じてゆくしかない。そう思うのです。
逆に、人類皆死すべし。もし、そのような時がくれば、わたしはその日を見届けてから皆さんと同時に死にたいです。
選ばれた(金持ちや政治家など)者だけが、人類の人口を間引き、生存を確保するやり方だけは決して許されません。
ま、もしその時がくれば、わたしだって「悪あがき」しちゃいますけどね。苦笑
| Godspeed | 2017/05/15 8:25 AM |
*Godspeedさん

そうですねー 意見一致ですねー

まあ、人間が最悪といっても人間にもいろいろいるので個々を見れば
滅びてほしくない人も多いと思います。
が、やっぱり・・・
おっしゃる通り、高度に発展した脳味噌で高度に発展した道具(武器)
を使いつつ「悪あがき」することが諸悪の根源かもしれません。
難しいことを簡単にできてしまう技術も開発され、それがよい方向に向かえば将来は明るいのでしょうが、昨今は悪い方向性の方が目に付きます。

私も希望は持ちたいです。気持ちとしては救いになるようななにかがある、と思いたいです。
が、それは私自身の希望であって、その希望が実現するかどうかを考えた場合、やはり悲観的になってしまいます。

そうそう。選ばれた者たちだけが生き残るのは絶対に嫌ですね。許されません。というか、滅びるならまずそんな輩から順番に滅びてほしいです。自分の番が来たら、私もみんなと一緒に死にたいです。
| すみごん | 2017/05/15 11:59 AM |









SPONSORED LINKS