CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Interior

日々の内側
copyright sumigon all rights reserved
<< 「ドルチェ〜優しく」 | main | こどもファッション >>
春の憂鬱

17-0415.jpg

桜(ソメイヨシノ)もほとんど散り終わり、草木の芽生えが急速に進み始めた。ベランダの薔薇にもつぼみが見え始め、冬の間もう枯れてしまったかに見えた鉢からひょっこり小さな芽が出だして、植物の強さを感じる今日このごろだ。

気温の変化や天気の移り変わりが目まぐるしいこの季節は、新緑のシーズンを目の前にした期待感とともにいのちの過剰さが重たく感じる日々でもある。眠っていたもの一斉に目を覚まして芽を出し、葉を広げ、花を咲かせ・・・生命感溢れる周囲の状態に自分がついていけないというか。いつごろからこのような感覚を覚えるようになってしまったのかわからないが、やはり年齢と関係あるのかもしれない。いや、それよりも私個人の体質によるものなのか。よくわからない。

私はもともと血圧が低めで上が100くらいが平均値だ。しかし、この冬はいきなり130くらいになったりして、そんな時は決まって頭痛に悩まされた。冬は誰でも血圧が上がりがちなので不思議なことではないのかもしれないが、いつもの年の冬は110くらいだったと思う。気温に対して身体が敏感に反応するようになってしまったのか。

ここ数日はだるくてしかたない。頭痛もするので血圧を測ってみたら、今度は低い。92-62だって。あまり動いていないのに心拍数が118もあって、とにかく動くのが億劫。仕方ないので横になって本を読んでいるうちに眠たくなってうとうと。目覚めるとさらにだるくなっていて・・・こりゃ、悪循環ではないだろうかと思い、自転車で近くまで用を足しにいってみた。体感的にはあまり変わらないような気がするが、少しはマシになったかもしれない。風呂にでもゆっくりつかってみるか、昼間から。

季節の変わり目は誰でも体調をくずしがちだが、私の場合は冬から春にかけてが一番よろしくない。花粉症でもあるので、なんとなく気分もよろしくないぞ。若いころは、よろしくない時は無理やりにでも動きまくって身体を環境に慣らすという荒技が得意だったが、60才を過ぎるとそうもできなくなってきた。手探り状態で少しずつよい方向に向かうようにしなくてはならなくなってしまった。とほほ。

幸い頭の中では、あれをやりたい、あそこに行きたいなどもろもろが渦巻いている。明日あたりから少しずつリハビリしようと思う。身体をできるだけ動かして血流を良くし、季節に順応させる努力をしてみようと思っている。

| - | 15:08 | comments(0) | - |









SPONSORED LINKS